番外編 台湾旅行記 その3

こんにちは。生活向上委員会のアツシです。

旅のブログ記事を初めて書きましたが、紹介するボリュームが多くて結構大変なんですね(^_^;)

投稿が遅くなってますが、ここまできたので引き続きお届けしていきます。

それでは2日目の紹介をしていきます。

2日目の旅程です。あいにくの雨で、室内多めなスケジュールです。

そして再び行った桃園国際空港でまさかあんなに待たされるとは。。。。

■2日目[8/12(日)]
  ・朝:国立中正記念堂
  ・昼:国立故宮博物院 
  ・夕:遠東そごう天母店の鼎泰豊で小籠包
龍山寺でお参り
  ・夜:台湾桃園国際空港で兄をピックアップ
  [泊] グランド ビュー リゾート ベイトウ


シェラトンの朝食はビュッフェスタイルでいただきました。洋、中とても充実してましたね。

予想通り朝から食べ過ぎてしまいました。

20180812_093042

いかにもジブリ飯なこのお肉はベーコンです。

台湾ならではのお粥や眼の前で作ってくれるフレンチトーストも朝からいくらでも入るぞ~!

朝から大雨が降ってましたが、こちらの雨はスコールじゃないですけど降ったりやんだりですので、まるまる雨で潰れるってことはなさそうです。

2日目はタクシーを一日チャーターしました。ホテルをチェックアウトしたので荷物もそのまま車に載せたまま観光できます。


まずは国立中正紀念堂へ。混んでなければ、車で5分でした。

台北の代表的観光スポットで、「中正」とは中国の初代総統である蒋介石さんの本名「蒋中正」を指し、亡くなった後、哀悼の意を込めて建立されたんだそうです。

もうそのすべての建物の巨大さたるや、遠近感がおかしくなるくらい、頭の想像を超えてデカいです。

20180812_112626

写真からだどなかなか伝わりにくいんですが、人の大きさからなんとなく想像できますかね?

でもその想像の1.5倍デカいです!

P8127592
蒋介石の像です

P8127596
広場もひろーーーい。アジア系の方は様々なモデルポーズで自撮りしてました。

ザ・観光名所を訪れた一行は今度は国立故宮博物院へ。二日目は文化的な旅となりました。

こちらは先程のところから車で30分ほどでした。

この博物館は、中華民国国立博物館のうちの1つであり、最大のもので、697,000個以上の古代の中国の人工品および美術品を所蔵している(Wikipediaより)


20180812_135955



20180812_122044



2007年、2011年にリニューアルされたらしく、とても近代的な博物館でした。日本語の音声ガイドがあるので少し並びますが、時代背景などもよくわかるのでマストアイテムですね。

20180812_125356


20180812_130056


20180812_133124


歴史的な仏像や、彫刻、書画などもありましたが、こんな可愛らしい豚ちゃんもいました。

※こちらもクーラーガンガンなので、半袖、短パン、サンダルは寒かったです。やっぱりクーラー=サービスなんですかねぇ。


お腹も空いたので昼食は「遠東そごう天母店」にある小籠包で有名な「鼎泰豊(ディンタイフォン)」に行ってまいりました。台湾にもそごうあるんですねぇ。

鼎泰豊もやっぱり人気でたくさんの人が並んでましたが、こちらはクーラーが効いた屋内で椅子に座って待てるので、高齢者を連れた旅の方にオススメです。

20180812_155817
ガラス越しにせっせと小籠包を作っておりました。

20180812_152457
台湾に来て二日目で初小籠包です。間違いなく美味しいです。


そごうのデパ地下を廻るとなんと日本和牛が販売してました。
20180812_160941
鹿児島県産のA5ランクの和牛です


遅めの昼食をとった一行は、「龍山寺」というお寺を訪れました。車で20分ほど走ったところですね。

20180812_165114


20180812_165111
多くの参拝者が大合唱でお経を唱えていました。日本のお経の唱え方というかすこしイントネーション?曲調?が違いましたね。


その足で遅れて台湾に到着した兄を迎えに桃園国際空港に行きます。

兄はLCCのピーチを利用して関空から来たんですが、これが待てど暮せど到着しない!

17:50到着予定に合わせ、18時には空港に迎えに行ったんですが、結局到着ゲートから出てきたのは20時半!

あとで聞くと滑走路が混み合ってたらしく台湾上空をずっとぐるぐるしていたそうです。

LCCお決まりの後回しですね。これにはまいりました。

そこから1時間ほど車で走り次の宿泊地に移動しました。

ついたところは温泉街のリゾートホテル「グランド ビュー リゾート ベイトウ」でした。

グランビューリゾートベイトウ


海外で温泉地のリゾートホテルってそれだけでテンションあがりますよねぇ。

・・・ところが、ここでもトンだ落とし穴が、、、

日本語ができるスタッフが丁寧に施設の案内をしてくれて、そのまま部屋に入ると

なんと部屋にはダブルベッドが2つしかありませんでした。

事前に男性4人で泊まるのでダブルベッド2つからシングルベッド4つに変更してくださいと予約ページのメッセージ欄に記載していたはずなのに、ホテルスタッフはすっかり見落としていたようです。

血の繋がった親子、兄弟とはいえさすがにダブルベッドに一緒に寝るのは嫌です。

仕方なく私と弟はソファで寝ることになりました。

グランビューリゾート部屋


2泊したんですが、2日目もダブルベッドのままでした。

おまけに部屋にはコンセントが見当たらず、棚の奥の奥から、借りた延長コードでスマホを充電するという、リゾート感台無しのホテルでした。

リゾートホテルのしかも5つ星で期待してたんです。

もちろん案内が丁寧だったり、スタッフは親しみやすいし、温泉施設は大満足でした。

室内風呂もついていてリッチ感はあるんですけどねぇ。。。

 

それだけに肝心なところが台無しという印象でした。


気を取り直して、21時を過ぎてけど夕食を食べようとなりました。

 

近くで食事できるところは?と聞くとほとんど閉まっているとのことでした。

 

リゾート地ではよくあることですね。

 

レストランも終わってるとのことだったので、ルームサービスを頼みました。

 

簡単な麺類しかなったんですが、スタッフさんが「デリバリーのおじさんに適当に買ってもらってくる」と言ってくれたんです。

さすが屋台文化だなぁと感じましたねぇ。


こんな感じで2日目は終了しました。 たくさん待ったり、せまいソファで寝たりなどトラブルに見舞われた2日目でしたねぇ。